スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点

古い作文見つけたの
なぜかいとおしくて泣けた

今読むと
今と変わらない根本的な所

そして今では決して言えない言葉達ばかり

これは1つの終わりを作文にしたものだけど…

もしもし…
これが人生の終わりの文章だとしたら…

私の最期の言葉だったとしたら…

こんな異常な私だけど

半分生きて
半分死ぬ


半分生きるに入りたい
どうしても
どうしてもよ

例え
その先が死という無だったとしても…




記録としてここに載せようと想います
こんな私があの時きっとね
きっといたんだと想います

ダイレクトなものだから一部伏せるけれど
でも見る人が見たらバレてしまうもの
それでも良いの
私の今の想いはきっと伝わるから


××××××××××
この部活は本当に温かくて楽しくて、そして大好きな緑ジャ、大好きな先輩、後輩大好きな先生方、大好きな音楽…
こんなに大好きがそろっていた部活は私にとって最高の場所だった。

それをやっと実感できた時に引退…卒業…。

今は 淋しくてみんなと合奏したくてたまらない。

自分自身が引退して卒業していく事が今でも不思議で一杯だし、こんなに幸せな気持ちに包まれるなんて 思ってもいなかった。


私達の代になった時、私は大好きな緑ジャのみんなに劣等感を感じた。

みんなが技術的にも精神的にも どんどん成長していく中で、自分だけおいていかれる気がした。

パートでは、1がパーリーとしてしっかりとパートの雰囲気を和ませていたし、
音楽的センス抜群の2はアンサンブルの編曲は部内一で〇〇パートアンサンブルは2なしでは成り立たないし、
3は人の嫌がる事を誰よりも先にやっているし。

みんな自分の役割を見つけていた。
パートを乱す原因があるとしたら私だと思った。

私には何もない…
技術もない、努力もない、おまけに子供だ…。

ここにいたら迷惑だと思った。
自己否定、自己嫌悪の連続。
本当は自分の気持ちを吐き出したかったけど、
私より苦しい人は絶対いると思ったら泣く事なんて出来なかった。

自分の力で立ち上がれなかった私はついに『私 やめる』と口にしてしまった。

もっと大人になりたい…
大人になりたいのに…
私の叫びだった。

そんな時たまたま合唱をやった。
みんなで手をつないで…
みんなが笑顔で。

自分の技術がどうであれ私はそこにいた。
みんなと一緒に歌う事が嬉しくて、楽しくて…。

私の冷え切って自分の事しか考えていなかった心に
『こっちにおいでよ。こっちで一緒に歌おうよ。楽しいよ…』

とみんなの笑顔が 私の心に訴えている気がして どんどん胸の中が温まっていくのを感じた。

そんなみんなが大好きで 音楽が大好きな自分を忘れていた。
みんながいてくれると思ったら 涙があふれて止まらなかった。
それに気がついた時 自分が少し変われた気がする。

1センチでも2センチでもいいから前進しようとする気持ちが大切なんだって。

自分自身に自信がなくて進む勇気がなくても
進んだ所でみんなが必ず私の事を受け止めてくれる、そう感じられた。

それを信頼というのだと思う。
最後の最後になってやっとそれに気がつく事が出来た。

信頼する事が出来た時 〇〇Soundが生まれる。
全国大会、そして定演で〇〇Soundを肌で感じる事が出来て 幸せで一杯だった。

自分なんて必要ない…って悩んでいた人間が
誰一人として必要のない人間なんていなかったと思えるなんて…。

お互いがお互いを必要とし合う事。
〇〇Soundには欠かせないと思う。
こんなに温かくて居心地の良い場所は他には絶対ない。

今 現役で頑張っているみんなにはまだ良くわからないかもしれないけど
必ずやっていて良かったって心の底から思える日が来るから
それを信じてあきらめないで欲しい。

私の事を笑顔で助けてくれたみんなには この幸せな気持ちを味わって欲しいから…。

私の事を認めて成長させてくれたみんなに今 心から感謝している。


×××××××××××××××××××××

昔々の私の想い達より


comment

Secret

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。