スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし

もしいなかったら
もし私がいなかったら

私自体の存在がなかったことになるよね

ないんだから
例えば私が死んでも
魂が消えちゃうだけ

もし死が有だったとしても
沢山の魂が「天国」に集まるんだから
きっと争いは耐えないと想わない?

死んで肉体がなくなっただけの世界
あったらきっとそこでも戦争してるんじゃないかな

もうね
親友に抱かれたという報告はしないことにするよ


存在の邪魔
私はそんな悪魔の子

狂で悪魔には変わらない
私がどこで何をしようともね

これも言うもんじゃないと怒られたけど

私の魂が親友に吸い取られたら
きっとあなた達には連絡が行かないんだろうな

でもそれで良いんだ

負けた私は見なくていいよ

もういないんだから


自己中心的な考え方だよね

でも知らなくていいよ
知らなくていいこともあるから


私は1人
私も独り


私は生きたいのよ
活きていきたいのよ

悪魔で狂じゃ無理だね

とっても虚しい

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

だいたいが病が深まって死が避けられないと思うときに感じることなんですが、今まで生きてきた自分が「無かったかもしれない」という感覚、それを由羽さんがこの詩で、ふっとした言葉で語っているところが非常に私に強いインパクトを与えてくれたというか、ちょっと衝撃的だったように思います。

 由羽さんにとって死によって「無」になることよりも、とても大切な誰それの「他者」とのかかわりの苦しさ、その中で、自分を悪魔と思わざるをえない気持ちが死後も永続するかもしれない、ということの方がはるかに苦しいんじゃないかな、と感じられました。由羽さんを「悪魔」という自覚に陥らせるのは、神様のような絶対者ではなくて、とても人間的な顔をした「他者」なんじゃないかな、と思います。

 この「他者」が、由羽さんを裁くように思うのですが、違うでしょうか?由羽さんはおそらく自分自身で自分を倫理的に裁いている、と考えられているかもしれませんが、しかしその倫理はやはり由羽さんの外の世界にあるような気がします。

 けれど、由羽さんが感じているのは、「他者」を恐怖の源だと思うような「まなざしの地獄」の世界じゃないように思います。そのまったく逆で、由羽さんは、身近な「他者」に何か無限の意味の源のようなものを見出して、そこから遠ざからなければならない自分に、「悪魔」というマイナスだけど、自分の在り処の意味を見出そうとしているんじゃないでしょうか。これはレヴィナスというユダヤ人の哲学者の主張に近いように思われます。

 由羽さんの詩にはこの作品以外にも、実にたくさんの「他者」のテーマが出てくる。「他者との距離」の世界といっていいかもしれません。自然の世界そのものを描くような詩はあまりないんですね。「他者」といかにかかわるか、あるいは「いかにかかわれないか」、こういう由羽さんのテーマは、深刻だけれども、常にとても私に深遠なイメージを与えてくれるのですね。
Secret

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。