スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失

私は


いろんなモノをなくして



何もなくなってしまった




全て手放してしまったよ





ここは暗闇の地の底で

誰もヒトはいない





私のいつかを突破らった気になったけど









無のなかの無


死んでいないだけマシなのだろうか





私は夢がなくなった






痩せたいだけの
人間になってしまった

comment

No title

知性と思考、感性と感情、意欲と気力と
読書力と勉強と仕事、あらゆるセンス、
そして人間性、若さと体と健康、そして命、
物心ついてから大方知らずに持っているものは、
いずれ必ず失う定めを持つ哀しいもの・・・
信仰者的に言えば、
いずれ神様にお返しするものなのでしょう。
(これも今日にでも別のブログに書こうか
 と思っていたことです ・・・不思議・・・)
また怒られるかもしれませんが、
題名だけは似ている私の
変な文章「喪失の部屋」
・・・・・・・・・
孤独の人が私に賑わいを与える
虚無の人が私に癒しを与える
不信仰の人が私に喜びを与える
しかし依然として私は
疑いの中にしか生き得ない
賑わいに和むことはない
癒しに治癒を得ることはない
不信仰にも信仰にも
信仰を理解することはない
得るもののために落下するとき
失うもののために落下するとき
私は落下する私を失うだろう
そして何も残りはしないだろう
歌い尽くせなかった悔いさえも
・・・・・・・・・
私は既に若さと健康と仕事を失い、
意欲と詩心の大方をお返しして、
人間性も信仰も危うい状況で、

今私は

失うものを片手に持ち、
(↑誰かの詩の言葉です)

欲しくもないポッコリお腹と
白髪と皺と弛みをぶら下げて、
いつお返しするのか
分からない命をひっそり抱えて、
心細く頼りなく、相も変わらず
ソファーで、でれっと、
何事か、物思いしています。
それだけは、まだ、しています。
病が奪ってゆくものを見つめようとして、
それさえ分かるはずもなく、
知る由もなく・・・。(悲鳴的奇声少々)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝ったつもりか病よ
だがお前と私が同じ体にいる以上
お前も恥ずかしい代物(しろもの)だ
私が最後に意識を失うまで
勝負だ 言っておくが
私の恥は
お前の憎々しい喜びほど
軽くはない

消してみよ
あの夜を

・・・・・・・・・・・・・・・・
長くなりました。では。

No title

私は
与えられたゆえ、奪われ、
得たゆえ、失い、
恵まれたゆえ、お返しする。
栄えたゆえ、衰え、
健やかであったゆえ、病んでいる。
しかし私が
与えられたもの、
得たもの、
恵まれたものは
それほど多くはなかったのに
奪われ、返し、衰えるのは
あまりにも速やかだ。
それほど栄えたわけでもなく
健やかだった日々は短いのに、
衰える日々、
病む日々に至るまでは
あまりにも早く、
あっという間だった。
今朝、目覚めなければ
今日傷つくことも苦しむこともなかったし
この薄い胸を痛めることもなかったであろうに
不条理とは何だろう。
夢も希望も奪われながら
生きてゆくことだろうか。
まだ辛うじて奪われていないもののために
感謝することだろうか。
不条理の中に
夢や希望を見出すことだろうか。
また不条理とは・・・に帰ってしまう。
永遠回帰でもなく輪廻でもなく、
人生は一度だ。私の
信仰は死に打ち勝てるだろうか。
いかなる信仰や哲学をもってしても
生きているあいだのぎりぎりまで
死の実感を持つことは遂にない。
信仰は死に打ち勝てるのではない。
叫びとともに掻き消えるのが信仰・・・
その先には
死の実感はない。
信仰という不可思議なものもない。
不条理という言葉さえない。
もはや信じる必要すらないのだから。
今誰かのために祈れるとしても
それは
その先のためではない。
祈りが気休めで、
願いが掃き溜めであっても、
霊的が心理的で、
真心が悪魔的であっても、
あたかも肉欲のように貪欲に
祈り願うのは
夢や希望が掻き消えてもなお
信じたいという不条理の
泡吹く毒の晩餐(ばんさん)を
肝胆に秘めて漏らさず、
せめて涙に濡らしながら、
自らの牙を折ってゆくときの
唯一の薄い揮発の間としてだ。
------------------------
物思いを綴ろうとして、進めるうちにまとまりませんでした。
今日は書きすぎたようで、読まれないだろうけれど、それよりも、
物思いと、古い記憶と、ここ数日の、
あちこちでの無意味な疲労とを
昇華し切れず
伝えられなかった報いのようなものを感じています。
ひどかったけれど、やっと今日も終わりますね。では。

Secret

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。