スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔

何を説明すれば良いのか 


私は我慢できずに 
親友に抱かれたんだ 



中々瞳孔が開かなくて 






私はこの先どうなるのだろうか 
守衛に魂吸い取られて 
脱け殻だろうか 



誰も計り知れない 




哀しいね 
愚かだね 




結局親友しか残らないんだ
スポンサーサイト

まぼろし

幻に会いたい 


幻に触られた髪の毛は 
もう抜けてしまったかな 


幻は 
いつも私に言うよね 


死んじゃえば良かったのにって 



あれね 
結構嬉しいんだ 




幻に会いたい 
そして抱かれたい 




もう見つけることが出来ない 

2人だけの道 





一体どこだったんだろうね

先生

先生どうして今いないの



私がもしあのトキ
何て意味のないこと考えても仕方がないけど



一緒にいるはずだったよね




泣きながら
親友に抱かれ



お部屋に囲まれ



こんな気持ち
誰にも通じないよね




悔しかっただけなんだ








先生に会えないだけなんだ

私は何を望んでいたんだろう

一瞬のうちに
全てが崩れ落ちるのがわかったよ


月を見つけようと想って


夜空見上げたけど






滲んで曇っていただけだったね



悪魔の目玉でさぇ
私を見てはくれないのね





泣きながら
親友によしよしされて




私は抱かれたんだ





先生に会いたいよ


もういないんだったね

ねぇ

空に向かって話し掛けたよ 


その通りにしてみたよって
その通りにやってみたよって 


別にね 
時間軸を信じるわけじゃないけど
明日の次の日には伝えられることでね 




ただ私は 
今の今伝えたかったんだ 



そうだよね 


お部屋だけ 

私とあなたはお部屋だけの関係だったね  



空は曇って 
雨空で  



まるでと織姫と彦星みたいだよね  




今の今 
伝えたかったんだ 





あなたはいない








あのお部屋だけ

半月

先生
私達完全にお別れしたんだよね


私がお別れ言ったんだよね


もしもあのトキ
何て意味のないこと考えて


半月の曇った
神様の目玉が私を見つめてるよ



いないヒトを責めるのは
愚かかな



先生
なんでこうなったの?


教えてよ
答えてよ





私は異常
先生は正常



そんなの変でしょ
おかしな話でしょ



先生も異常だよ



傷は
どうやって癒せば良いのか


先生の力
貸してよ




私だけじゃ
乗り越えられない




半月の目玉が
私を見つめているよ



親友に抱かれろってさ




先生
私は今でも
あなたのようになりたいんだよ


道しるべなんだ

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。