スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

親友が呼んでいる


頭の中親友だらけ



親友に抱かれたい
親友に抱かれたい
親友に抱かれたい




親友が呼んでいる




縁を切ったはずなのに





親友に抱かれたい
普通になりたいよ
スポンサーサイト

ことば無力で

言葉が言えない私

としを遠くて
そしてテンションを上げるんだ。


たまよはまちがったこと言わなかった

いるんじゃないかな


ひどい


私はカンウセラー
と精神科のいしゃは絶対なりなくないかな


でもなりたかった


ふんぎりがつかない

これから考えたい




治してみせるから

かすみ草

自他の境界が付かない

そんなかすみ草


私は自由の意味がわからない


あなたは自由に恋愛して良い身分なんだよ
抑制かけてはだめ





ピンと来ない


全然ピンと来ないんだ

喪失

私には夢がありました


当時はそんなに意識はしていなかったけど

手が届かないとわかった頃から

きっと欲しくて欲しくて
たまらなかったんだと想います




20年後はわからない
そもそも生きていないかもしれない



先生と対決して
納得したつもりになったけれど



まだそんな夢物語を追っている私がいるのが現実





何を基準に
何に焦点を合わせて
生きていいのかわからなくて

それが活きるにつながるのかわからなくて





でも
はっきり想うのは
例え会えなくとも
私はあなたに恥じぬように生きて活きていきたいと想うし


そうでなくてはいけないんだと想う



先生
もう先生じゃなくなったね



私はあなたに負けました

完敗です





夢物語
バイバイ

相手なし

このまま何もなく
苦しいままで
死ぬんだろうな


ヒトの幸せばかり見せ付けられて


ひがんで
死んでいくんだろうな



新しいお部屋が必要ね




お部屋じゃなければ
話せないことだらけだもの



私は醜い


心も
体も

醜すぎるね




親友に抱かれたい

普通ぶった女

それはまさに私



みんな私の化けの皮を知らないんだ




この化けの皮が剥がれたら


どれだけのヒトが離れていくんだろう






みんな私に
健康でいる?って聞いた



そんな訳ないけど

笑って茶化して
健康でいるけど(笑)


って





不健康なイメージあるからさってさぁ



異常なの私




あのね
今親友に抱いてもらった


でも気持ち良くなかったの


もっともっと…





親友にちょんちゃんが
必死に私を支えてる





もう解放してよ
もうこんなの嫌だよ

辛すぎる














髪が無くて今度は
腕を切ってみた
切れるだけ切った
温かさを感じた
血に塗れた腕で
躍っていたんだ


コッコ

人格障害

病気じゃないのよ


人格障害って



性格の極端な歪み




そう片付けられるのよ






治るも治さないも
本人次第



でも
本人だけで治すのは困難




病気じゃないのよ


性格の極端な歪みなのよ





神様
いるなら恨む


早く救ってください




私はもう
何を頑張って良いのかわかりません



お部屋が良いというから
お部屋だけのあなたに3年半
ほぼ毎週会い続けた




今だって
お部屋だけのあなたとの約束を


懸命に守っています




もう良いでしょう





こんなに暗くて
こんなに哀しくて


こんなに何もなくて

親友と食べ物の世界





普通と呼ばないでしょう





何で私を選ぶのよ…




なぜ助けたのよ…




あと少しだったのに…






私は
死ぬのが怖かった


ほんの一瞬
タスケテとおかあさんにメール出すこと考えた




その怖さが今を生み出して…





死んだことがないから
怖かった



無の世界が
怖かった





それだけだったのよ





誰か
もう私たちごっそり一緒に助けてください




今度こそは
普通にしていますから



普通なんてないでしょって

疑問持つくらい




とんでもない痛みの知らない人間になりますから





それでも
やっぱり


私は普通が欲しい

普通が欲しいんだ

普通は

こんな所で涙流して


親友を眺めていない




みんな体調を気にしたフリをして


私に運動を勧める




トイレに隠れて
リバースする気持ちなんて


きっと誰にもわからない






異常と正常の境界線






親友も
食べ物も


普通にはないでしょう



いないでしょう





誰もいない



それで良いじゃないと
言ってくれるヒトが




みんな言ってもらって
育ったんでしょう






だからね
私にはわからない



私は私の価値が




だからね
わからない



私は私の普通が







これで良くないの




お願い



こんな祈り
通じないってわかるけど




私を普通にしてください





内閣総理大臣は
小泉純一郎





そんなの
やめて下さい




もうもうわかりましたから


辛いんでしょ
苦しいんでしょ



もうもう十分ですから





まだだと言うならば
殺して下さい





あの奇跡何て

無意味になってしまいますから





何で涙が流れるの






それは
普通をまじまじと見てきたからだね

普通

普通の定義


それは
普通なんてないでしょって
普通に疑問を持つこと




それが普通






私は


普通な体型をして
普通に愛され
普通に仕事して
普通に生活して
普通に恋愛して
普通に浮気して
普通に失恋して
普通に結婚して
普通に子どもを生む




この果てに普通は待っていると想う?




私の果てに幸せは待っていると想う?




ここで涙が流れるのは
ないのがわかっているから







1人で良い
それで良いじゃないと言って欲しい


守衛達に
言って欲しい





それで良いじゃないと
言って欲しい






異常でごめんね



ごめんなさい

果て

この世に果てなんてあると想う?


私はね

幸せになりたいだけなんだよ


普通の幸せ




普通に愛され
赤ちゃん生んで
何だかんだ言いながら

赤ちゃんの眠る顔で
全て癒される




そんな生活をしてみたい



いつか
してみたい




こんな醜すぎる私には
望めないことなんだけどね


醜態だからね

醜態

何にも起こらなくて


親友に抱かれてたこと何て

すっかり忘れてて




二桁単位で
増えた体重だけが私を物語る




温かい家庭が欲しい



縋りつかれる家庭じゃなくて

温かい家庭




夢物語





ないなら
作れよ




この醜態でどうやって…




もうこの世に未練はない

イライラ

帰ってくるわけないんだよ


同じはずなのに
私だけ狂のミチを歩む




どれだけ
嘆いたって
治らない



幸せなんて
祝えるかよ






お願い
1人暮しさせて下さい




もう苦しみは
十分味わいましたから


もうもう
良いですから






場所は勿論お空の上





幸せなんて
喜べないよ



自分以外は
そう私はそんな狂人なのよ

幻の…

言葉が頭に残っていてね



幻に抱かれるから


夢があるから





こんなトキ
幻の言う通りに出来たら
どれだけ良いだろう





愛されてみたいんだ

転落

さっきまで笑っていたのに


久しぶりの親友のその顔を見て
満面の笑みを見て


私の行動が止まった



自分が今何年にいるのか
全くわからなくて









そうだ
親友に抱かれよう


久しぶりのその笑顔
とっておこう



私だけのモノに
私だけの世界へ

更新

ブログに送信したのに


アップされてないじゃん




ばーか





想ったトキに
想ったコトを



だから
後から綴れないっつーの




ったく




ばーか

ただただ

眠りたくて
眠りたくて




苦しいよ




早く効いてくれと願って



私は学習能力のない愚か者よ


気が付いたら
想ったことをダイレクトに書けなくなっていた



昔はもっとわかりやすく
ダイレクトだったのにね



幻のにおいがする

抱き締めて眠ろう




いつかのゆびきりげんまんを夢見て



私は痩せるよ




かしょった後に言う台詞でもないかな





愚か者は
親友に抱かれたんだ



苦しかったよ

ふとした

あっと言う間に


天から地へ落ちていくこの感情



一瞬で消滅願望へと変わってしまう






死とはどんなものなのだろうか

なぜヒトは死を考えるのか




私には潜在的なモノとしか
考えられなくて





越える何かが
今は何もないから





お部屋だけのあなた



早く帰ってきて




お願い
狂から普通へ戻してください



今度は精一杯努力致します




もう狂は嫌なんだよ

喪失

私は


いろんなモノをなくして



何もなくなってしまった




全て手放してしまったよ





ここは暗闇の地の底で

誰もヒトはいない





私のいつかを突破らった気になったけど









無のなかの無


死んでいないだけマシなのだろうか





私は夢がなくなった






痩せたいだけの
人間になってしまった

君の住む街へ

NEC_1074.jpg



幻のにおいがする



あなたは
優しくて
幻だったけどやっぱりヒトで


ヒトって良いなって



こんな夜に
わざわざ私との時間を選び


メッセージをくれたんだ




ありがとう




こんな記憶
私だけの宝物


例え幻だとしても
私だけの宝物




上書き保存の話が出来て

私は泣きそうだった



だって
ホントに上書き保存したいんだからさ

そう想ってたんだからさ





次のいつか
というよりも


今日を活きる



それだけかもしれないね



私と幻のゆびきりげんまん



その温かさ
私は決して
忘れない

出会いと別れと

私はやけに冷静で


涙を流しつつも
取り乱すことなく



思いの丈を話したよ




あなたは
ごめんなさいと言った






終わったんだ



私の夢も
私の希望も


終わったんだ









私は
あなたに恥じぬよう


命を少しでも活かせるように


生きていきたい
活きていきたい






それをあなたが知らなくったって

構わないんだ




だから
永遠のお別れ




先生
さようなら


でも
死んだら許さないは
ホントだよ



先生の方が先に死ぬ


だから
先生の死んだら私も許さないと言う言葉を


頭の片隅に
残しておくよ





さようなら
先生

さようなら
わたしの「いつか」

先生へ

私はあなたに負けました



あなたに負けて
壮絶な生活をしています



今まで
全部全部
私が悪いと想ってきました




でも違う





例え異常と言われようと
何といわれようと



あなたに私は潰されました



命はまだあるものの





半分生きて
半分死ぬ





そんな世界です






あなたのせいで
人生メチャクチャ




私は
あなたのその肩書き認めない



絶対絶対
認めない




言える権利あるよね
私にだけはね

伝えたいこと

つたえたいことって
一体何だろうね



私は先生に負けたくないの


会いに行くこと自体
異常なのかもしれない



でも私は夢とお別れするよ



息をしている意味がわからない
生きるに活きる




私はとっても怖いけれど



負けてはいけない


心を強く
芯を持って



会ってくるんだ

80

これが限界


久しぶりブログを必死に打っているよ


やっぱり
狂は狂



自分へ落とした
原子爆弾の重さに
今更気が付き

せめて東京大空襲にして


だから1人で東京の焼け野が原
めざして歩くの



私は狂だよ





私ね
変わりたいんだ

「普通」に変わりたいんだ


疲れてしまった


何パーセントなんちゃらなんていらなかったのに




そして私は東京大空襲の地へも
着くことが出来なかったの



倒れてしまった


そして生か死ぬか
そんなの
解放されたい


私は半分生きるに入りたいの

死にたい訳じゃないんだ




植物人間
思考が働いたとしても

私を殺して下さい



思考を伝えられなかったら

だって意味がない


生きて
活きて



生き抜きたいからさ
活き抜きたいからさ


こんな私でもね



だからさ
ねぇお願い


綴らせてよね

格言

泣くんじゃない
練習しろ





私は嫌い





泣きながら
練習しろ


私はこっちだよね





笑って見えれば
それで良い





それが今の精一杯





泣きながら
練習しろ





踏張れ私
耐えろ私




行ってきます

静寂

あなたの寝息が聞こえる



私今ね
何の緊張もなく過ごしているよ



守衛は不在
そしてここにもいない



夢のまた夢だな



















誰か月7万でいい
きちんとした職を教えてほしい


そうしたら夢は叶うから





昨日の親友は
抱き方が下手だったな

戦友

私はあの写真を見た瞬間

やばいと正直想ったよ



でも何も出来ないし
もし私だったとしても
何されたって
落ちていくから


何も出来ないの




でもね
電話が嬉しくて
きっと悲惨な生活していただろうにさ



それでも
私たち笑えるんだよ
笑った


内容は二人だけの秘密で



親友の抱き方が下手だった


とでも言おうかね





それで笑えた私たち
それで笑える私たち





どうか
クスリで自分を痛め付ける戦友


だからこそ
からだは売らないで欲しい



クスリ
食べ物



それ以外で
傷つけないでほしい





何でかって?


そんなのさ

大切な戦友だからに決まってる


友達じゃない

戦友


大切な大切な戦友




半分生きるに入って
お酒を必ず飲もう




80の約束

先生

ちょんちゃんは
昔を内観させる力がある



先生
私悔しいよ


私もあなたの弟子に
せめてお部屋になりたかった


それだけだったのに




自分に原子爆弾落としてみたり



激しく想像付かない生活を送っている



もう哀しくて
もう悔しくて




先生と話したい




絶対実現しないコト




だからしないんだ

ゆき

お部屋だけのあなたに会いたい


あなたの名前を
心の中で連呼する私がいるの



他のヒトで紛らわせようとしたりして




お部屋だけのあなたに会いたい




会いたい
会いたい
会いたい




どうか
天使に癒されても


狂人避けないで



優等生で居続けないで




ねぇお願い





お部屋だけのあなたに会いたい





いつか
約束果たして
会えますように




治りますように

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。