スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きた道

少し私の話を具体的にしたいと想います

今まであまりヒトに言ったことはありません

それは伝えることにあんまり意味が無いと想っているから

だからヒトからいじめについて告白されても
そうかぁ
辛いなぁ

と言うだけで終わります

それ以外に素直な言葉が浮かばないからです

悲劇のヒロインみたいで
それ以上深く話したくないからです


小学生の時
いや…
幼稚園の時から私はいじめられっこでした

幼稚園の時
親指を手の甲までねじ曲げられたり
とにかく無視
逃げられる

そんなことばっかりでした

手の甲まで親指ねじ曲げられた次の日
私は幼稚園の先生に怒られました
なぜ先生に言わなかったのかと


小学生の時
みんなに無視されていました
でも別に気にしてなかった

ただわざわざ遊んだ友達が私から逃げて
どこかに消えていくのは嫌でした

だからかくれんぼという遊びは一番嫌い
だって隠れているの私だけだから

泣いて帰ること何てしょっ中でした

だったら初めから遊ぶなよと
いつも想いました



中学生の時
ひどかったです

クラス中
いや学年中の男は私が触れたものには
触れませんでした
それ位の避けられよう
体型のせいです
廊下を歩くとデブと聞こえてきました


女は私を避けていました
お昼のお弁当を1人隠れて食べるのはしょっ中でした

一瞬仲良くしても
走って逃げていかれるのがいつもの落ちでした


でも誰かに相談することなんて嫌でした

だって結局耐えるのは私だし
守ってもらえる何て想ってないし

結局は私のことだからです


高校生の時
一時的に話すヒトが誰もいなくなりました

噂を流されて
ヒトが離れていったからです
獣や汚いものを見るような目で
指差されていました

球技大会の日
誰もいない教室で1人でいました
その方が楽だった


修学旅行の部屋割りで
私をどこに回すかで揉めているのを
見てみぬ振りしてました

決まればそれで良かったから


幼稚園から高校生まで同じで
私をいじめ続けた人がいて

中2から高3までの5年間
クラス、部活同じでした


でも彼女
今みんなに嫌われています

そんなものだと想います



いじめられた内容何て
もっと沢山あるし
ひどいものがあるけど


どうでも良いの


やっぱり
こんなこと公表することに意味があるとは想えない


でも私にもこんなことが
あったのよ


やっぱり意味があるとは想えないな…


でもそんな私の学生時代でした
スポンサーサイト

知る重み

そんなもの背負わせて
ごめんね

実は賭けなんかじゃなくて

逃げたくて逃げたくて
仕方がないのかもしれない

この誰もいない無声の白黒映画の世界から

それだけかもしれない


実は絶望の美学の支持者なのかもね

そんな自分が許せない



明日は7月1日

あゆのJuly1stの日にち

伝えられなかった

お部屋だけのあなたへ

どうかその守る者
懸命に愛して下さい

沢山沢山よしよししてあげて下さい

私みたいのにしたら
許さないからね

私に来週はないと想うから

声が聴きたかった
思う存分泣きたかった
泣いてばっかりの私をあるがまま見せたかった


でもお部屋だけだから


きっと来週はない

お部屋だけのあなた
ありがとう

最期に会いたかったな…

読まれない手紙なんてね
哀しいね

ありがとう

おじいちゃん

私自分がわからないよ

頭がパニックの時に動くものではないね

全てがマイナスに


あなたの言葉
今は考えるのをやめておけば?

その優しい言葉
素直に受け入れていれば良かった

後の祭り


あなたがどこにもいなくなった悲しみが
今でも癒えていないみたいだから

私が動かした
動かしてしまった


ヒトの言葉はきちんと聴くべきよね

後の祭り


おじいちゃん
まだ泣く私でごめんね

計画は許せないと心配させて
しかるべき場所にいけなかったらどうしよう

死は無かもしれないから
関係ないかな

ごめんね
ごめんね

人生の賭け

説明したって
誰にも伝わらない
人生の賭けをするのよ

私は人生の最大の賭けをするんだ

誕生日

見てることを信じて
もう見てないかもしれないね


お誕生日おめでとうございます


言えて良かった

まだあなたがいて良かった

ない

誰もいないこの世界

目に映るものが本物だという証明は誰がするのか


私はもう誰も信じない
そもそも信じていないしね

惑わされてはいけないんだ

この世は無声の白黒映画

そして私は狂人


全てを諦めたよ

原爆投下後

落とした原子爆弾の威力は素晴らしいものだった

私は爛れた顔のまま

東京大空襲が起こった地へと急ごう

皆に指差され

あいつとは一線をおこうと皆に言われる

先生も同じだった


私は間違ったかもしれない

洗脳だったかもしれない


私が欲しいモノ
それはヒト


でもかえるにしちゃう悪魔なんだ

誰も私には関わらないで
私は誰にも関わらない様に
の間違いか


心は東京大空襲で固まる


一瞬の夢
一瞬の幻想


私の心は固まったんだ
きっとね


あそこに骨を埋めます
一生ね

521

私はきっと変われないよ

今まで生きてきた月日を
今から取り戻す…

そんなことありえない
私はヒトはやり直せないと想っている

やり直すんじゃなくて

新たに創るもの

でも簡単じゃないから

変わる気がないと想うなら
それで構わない

わざわざ言ってくれるヒトがいるということが
奇跡なのだから


私が接し方を変えたのは
怖かったから

反論は言い訳
お部屋や先生と同じと全く気が付いたから

伝えるスキルが私にないがために伝えられないしね

話していてつまらない相手みたいだしね

私の全てがいけないの
それだけの話よ
子供なんだから悪魔なんだから
そして行動もしない悪魔

だからもう反論はしないなの
意見は言わないの

あなたに会う前にそう察知したんだ

私が悪いんだけどね


じゃあ何で私なんだろう
疑問すぎるんだよね

喉の奥まで
いや…
途中まで口に出た

ねぇもしあたしがさ…


この先は言っておかなければならない
でも深くあなたを傷つける

迷ううちはやめたと言葉を飲んだ


でもいつか近いうちにかならず伝えないといけない

それほど責任は重大だし


それにね
もう私満足しているんだ


ここまで来れてさ

中学生の私
何も出来ない

でもあなたが今いることは奇跡

私がきっとやることはきっと必然

今までが夢
夢は夢のままで


どうかあなたの想い描くビジョンが少しでも現実になりますように

私も少しでも手伝いたいな
悪魔の狂人でなかったらな
どんなに良かっただろうね

あなたは先生と全く同じ
言う言葉も
反応も全部同じ

だからもう怖いんだ


飲んだ言葉で傷つけてしまったらどうしよう


でも私の現実

言いたくない
言わなくちゃいけない


今の私とあなたは友達じゃないからね
教育者と子供
上下の関係

気付いたらやりたいって意外に
言葉がなくなってた

真っ白だった

あなたな考えに沿うように必死になっていた自分に気が付いたの

先生はそして私を捨てたんだ

あの時と同じ状況
あの時先生も使った言葉よ
「退行」



言わないといけない言葉
言いたくない言葉

今は言わない

ごめんね
ごめんね


今は副理事やるつもりでいます

まだ言えない条件付きで


もうもしかしたら言えないかもしれないね
そんなことになりたくないけど


私のこと必要だと言ってくれてありがとう
抱き締めてくれてありがとう
叱ってくれてありがとう


どうかどうかこの先も関係が続きますように
先生のようになりませんように

全て私次第

ありがとね


悪魔の狂人は変わりたいの
でも怖くて変われないの


もうわからない

感情と身体と

自分がわからないよ

今さっきまで…
白たい焼きが美味しいと笑っていたのに

別になにもなかった
感情だけがコロッと変わって
怖くて怖くてたまらない

何が怖いとか
何が哀しいとか
何の涙なのかとか


全くわからない


あなたはどこへ行っちゃったの
もう会えないの

私の頭の中にも
私の携帯のなかにも

あなたはいるのに

あなたはいない


高校生にも満たない私は
一体何をしていいのかわからない

全て全て怖くって
身動き取れないの


そしてあなたはいなくなったんだ

命ある者として
生き抜いた
そして活き抜いた

未来

きれいに消え去った
消し去った

未来とは想像の世界


やれないんじゃない
やらないの


怖いから
あなたから拒否されることも
あなたから考え方を修正されることも

とっても怖い

だって先生とそれじゃ同じ


あの時だってさ
話せるヒトがいなかった

全て知ってるヒトに
相談できていたら
もう少ししっかり出来たのに

事情を知っているヒトが
あの時も誰一人としていなかったから

私のことは私が決める

だから他力本願とは違う


でも誰もいないこの世界

私は1人

1人
1人
1人


光をつかみたかった

光が射したと想ったの


悪魔の幻想だったんだ

こども

落とされそうな原子爆弾は

落ちた
落とした


落とされるのが怖いから
落とされる側に回ったよ



私はいるだけで
ヒトを傷つけてしまう


もう半分心は決まった


私は親友と永遠に眠るんだ
親友に抱かれながら
永遠に

限界

もう私はね

居場所もない
生きる才能もない

あなたは生きた
活きぬいた


今どこにいるの?
写真の前で
笑顔を想いだす


私はね
あなたのように
生きないよ

生きれない
生きれないんじゃなくて

生きない子供なんだと想う


もう無理よ

捨てる
そんなウソを私はつきました


どこにあなたはいるの
どうしてしゃべらないの


永遠のお別れ

そして私は
生き抜かないから
死が無だとしても
死が有だとしても

あなたには会えない

貯めに貯めよう
そして
誰にも気が付かれずに

大嫌いな海岸線に横になろう

潮が満ちたら
全て亡くなる
気が付かないうちに

私の行き先は
あなたとは違う

蜘蛛の糸

そんなもの決して落ちない
そんな場所


いつになるのか
それは誰にもわからない

もう

原子爆弾

落とすのは私の役割だった

落としてもらおうなんて
間違っていたよ


自分がなくなる
価値観もなくなる
考え方も跡形もなく消えてなくなってしまう


もう
私は落とそう


自分自身に原子爆弾を

そうはしたくなかった


もう十分だよね
悪魔は悪魔

この世には必要なし


明日かもしれないし
1週間後かもしれない

誰にもわからないよ

後悔

そんなものないよ

みんな口を揃えて言うんだ

あぁしてやれば良かった
こぅしてやれば良かった
何にもしてやれんかった

でもね
私は1つもそんなことを想わない

いつだって
したいこと沢山したよ

この1年
私の中に実感ってやつが少し生まれたもの

後悔はないよ
1つも想い付かないよ

現実は
あなたはいない
もうそれだけ

ヒト

生きるとは
死ぬとは何だろう


あなたがこの部屋にいないことはこれまでに何度もあったよ

でも何かが違う

あなたはいない
存在を感じない

でもさ
楽しかったわ

瀬戸大橋ドライブ

忘れない

脳ミソが忘れても
私の遺伝子は決して忘れない

あなたはいなくなった


ありがとね

私も活きてみるね
あなたが活き切ったように

生きる

きっとあなたは無になった

何にも感じない
何にも想わない


でも
あなたの気がある
あなたがいる気がする

何でだろう
気がするだけ


あなたは自然な形で
誰もが歩む道
そして選ばれし者しか
決して簡単には通れない道

そこを通る者に選ばれたんだね


あなたがいたから
私がいる


お別れだね
あなたがいないというだけで

たまらなく哀しくて
たまらなく淋しい


あなたは活きた
活きぬいた


私も負けてられないね


いなくなって淋しいよ
淋しすぎるよ

もう2度と
私の名を呼ぶ声は聴けないんだ

変化なし

あなたがいなくなりました

私はその事実を知りました


でもそれ以外
何一つとして変わらなかった

トキは流れて
ヒトは動く

あなたがいなくなったことと
私がそれを知ったこと


変わったのはそれだけ


生きるって怖いね
わからないね

生きる

ヒトに生きていてと言うこと

死なないでと言うこと


自分の最大のわがままだと想わないかな

あなたにいて欲しいという
私の私利私欲


苦しみが永遠に続いてしまうかもしれないのに


でも私はあなたが好きよ


私のわがままかな

私はあなたの側にいたいんだ

それだけなんだ

生きていて
私の最大のわがままよね


でも死なないことが
この世で一番怖いことかもしれないね

言葉にならない想い

どうしてもさ
会ってや電話じゃ
伝えられなくて

上手く言葉にならなくて


こうして一番得意なはずの
文章使ったって言葉にならないよ


私が親友に抱かれてばかりで
あなたに負担かけてしまって

声聴くだけで
あなたの涙伝わった


私はあなたと
あなたの思い描く場所を創りたい

あなたのビジョンよ

あなたがいなければ
意味がないから


この6月
お互いにきっと辛い

でもさ
ヒマという理由でも
私に連絡してくれてありがとう

親友に抱かれないよと
宣言できなくてさ


どうか
夜のお月様が
あなたの心を守ってくれますように

明治製菓1シート
あなたが抱かれるなら
私も同じことするよ

1人は嫌

一緒に…
だなんて狂人の考え方よね

でも本気

あなたがいないと意味ないんだからさ

誰も知らない

20090606001601
なぜ私は涙が流れるんだろう

なぜ私の涙を拭うヒトはいないんだろう

なぜ私が泣いていることを
知っているヒトは
誰もいないんだろう


私は悪魔
私は狂


今日1日の出来事を
誰に話せば良いんだろうね
誰もいないから


私さ
向こう側にさ
親友が待っている気がしてならない
大きく手を広げて
きっと今度は人生最大の大抱擁になる…


こんな時に
いつだって言えない一言
喉元につっかえる

だって言っても意味ないもの
言ってはいけないのだもの

そもそも言う相手がいなかった


原子爆弾
落ちるのいつかな

せめて落ちる日にち
教えてよ


私はみんなに捨てられていく

私もみんなもいないかもしれないね


ならなぜ涙は流れるのか

誰か教えてよね

そしてお城へ連れていって

キチガイ

目の前にね
考えるべきこと
やるべきこと

考えたいこと
やりたいこと

あるんだけどね

私の頭はさ
あのお部屋だけのあなたのことでいっぱい

お部屋だけのあなたは
どれだけ愛されたんだろう
どれだけ幸福を味わったんだろう


私には永遠にないこと


ヒトの幸せ何て
喜べる私じゃない

というか考えるべきこと
他にあるんだ

私は間違ってるんだよね

キチガイ

ゆびきりげんまん

私ね
もしね
次に親友に抱かれることがあるなら

近年稀に見る
大抱擁になると想っている

だから覚悟して
そのつもりで
予定組んで


その前に
夢の時間を

夢だから消えるよ
跡形もなく
消えてなくなるよ


それでも
私とあなたの
ゆびきりげんまん


その日は近い気がしてるんだ
近い気がしているんだ


ゆびきりげんまんは幻想だった

そんな結末は
許されないよ

夢なんだからね

あゆの言葉

あなたがいない
だけでこんなに
夜が寂しい
何て不思議ね


あゆ

お部屋だけの大きさ

私昨日から
お部屋だけのあなたのことで頭がいっぱいなの

離れたくない

お部屋だけって優等生

いつだっていつだって
優等生


離れ方も
優等生だった


あなたは正常
私は異常

全部
私が悪いんだ

お別れ

お部屋だけのあなたは

守る者が出来た


私はあくまでお部屋だけで
いつかそんな言葉を言われるんじゃないか…

そんな不安にかられ
1人妄想し涙していた

最悪の言葉を
究極の言葉を

あなたはグサリと刺したよね

別にお部屋だけだからね

普通のことなのよ
お部屋だけのあなたは悪くないのよ


ただね
お部屋だけの残酷さ

普通に普通の道を歩む
そのあなたの姿は

私には辛すぎる

理由は伏せて欲しかった

お部屋だけのくせに
そういう所だけは
伝えてくる


辞めないで


そんな言葉言えるわけないんだ

あなたを困らせるだけだから


ばいばい

ちょんちゃん

ちょんちゃんは
信じてもいない大人達が
自分のために

良くわからないこの小娘のために

宜しくお願い致しますと
必死に頭を下げている姿を見たことが

その年で一番嬉しかったことらしい


それを見たときに

あなた達が本気なら
私も本気でやりますと

決意をしたらしい

11年たった今でも
常に200%以上を求める姿は変わっていない


きっと捨てるもの何て何もなくて
求められたことが嬉しかったんだ

始めたのは
居場所が欲しかったから


決断を下すのも私
やるのも私

どうしたら親友捨てられる?
心の引き出しに
親友入れておかなくても済む?


もう親友は必要ない
もう親友には抱かれない

言いたい言葉
どうしても
どうしても
言いたい言葉

誠実に
ウソがない様に

まだ言えない

足りないものは
私の決意だけなのかな

孤独とは

親友が教えたことは

孤独の定義の違いかもしれない

ヒトは孤独な生き物だよ
それは間違いない

ヒトは独りだもの


でもね
独り同士がこの世に生きているのかもしれないね

だから
何かが心に染みて
優しくなれるのかもしれない

だったら親友はいらない

でももう抱かれないよと言えない

後悔しながら
もっともっとと呟いた現実


妄想と幻聴が物凄くて
ワケわかんなかった

いつか私も言いたい

親友にはもう抱かれないよと
親友何て必要ないよと



持ちつ持たれつ
素敵な言葉よね

私は持っていないけどね
素敵な言葉

時限爆弾

トキが来たら爆発する

必ず爆発する


今からわかりきったこと


私は私
異常に変わりはない


誰にも迷惑かけない方法なんて
どこにあるって言うの?

本名じゃ出来ない
本名と由羽の掛け持ち何て出来ないんだ


私は許されない
誰からも
私からも

許されていないんだ
許されないんだ

原子爆弾

落とせ落とせと言うように

私は原子爆弾が落ちるのを
ひたすら待っている


本当は落として欲しくないのにね

でもいつか落ちるから

だったら早く落として欲しい

それだけ


私は狂人
許されていない

言葉がない

今までこんなに反省したことはなかったかもしれない

言葉がない

何も言えない


私は自分のウソに耐えられなくて
ヒトに痛みを押し付けた

愚か者
もうその域を超えている

自分で自分を殺してやりたい
生きる資格ないんだから

でもこんなに反省したのは初めてだった

謝る資格すら
私にはない

FC2カウンター

カテゴリ

プロフィール

由羽

Author:由羽
由羽(ゆう)です。
想ったことを想いのままに書きます。

由羽の心のなかよ。
どうぞ。
興味津々で覗いてください。
そしてそこのあなたは今何を想いましたか?

その一瞬の考える「間」
そのとき、きっと私とあなたは出会った意味があったのですね。


これが私の世界観。

うお座のB型

好きな食べ物
カニクリームコロッケ
嫌いな食べ物
しいたけ
好きなサックス奏者
ジャンイブフルモー
好きな俳優
美輪明宏
好きなアーティスト
浜崎あゆみ
好きな芸能人
木村拓哉
尊敬する人
浜崎あゆみ

尊敬する理由
自分をしっかり持って生きているから

好きな音楽
エルザの大聖堂への行進:ワーグナー
蝶々夫人:プッチーニ
ダフニスとクローエ:ラヴェル
ダッタン人の踊り:ボロディン
スペイン狂詩曲:ラヴェル
ローマの3部作:レスピーギ
海の男たちの歌:スミス
カンタベリーコラール:ロースト
ブラームスの1番
青銅の騎士:グリエール
剣の舞:ハチャトゥリアン
巨人:マーラー
大地讃頌
HAPPY ENDING:浜崎あゆみ
A Song for xx:浜崎あゆみ
No way to say:浜崎あゆみ
M:浜崎あゆみ
というか浜崎あゆみほぼ全部(笑)

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。